忍者ブログ

独楽帳

青天を行く白雲のごとき浮遊思考の落書き帳

女性の「理想的ヒーロー像」に見る自己保存本能

「本しゃぶり」というブログの記事の一部だが、興味深い。特に、女性が男性に何を求めるか、というのは、まあ大体以前から考えていた通りではあるが、改めてじっくり考えると索然とした気持ちになる。こりゃあ、男と女の間には、深くて暗い河がある、と思ってしまう。
つまり、お互いに愛し合っていることが大事だ、と言いながら、その理由は、実は生物学的な自己保存本能が底にあるからだ。愛し合っていれば、ほぼ安全に自分はこの雄に守られるだろう、というわけである。放っておけば男というのはあちこちに種を撒くだろうが、自分を愛している男なら、ほぼ永続的に自分の所属物になるだろう、というのが女性の「恋愛」の根底にある、という言い方は嫌味に聞こえるだろうが、それが嘘だと言うなら、女性はなぜ恋愛対象の条件に強さ(権力)やカネ(金力)を求めるのか。なぜ「白馬の王子様願望」があるのか。
実は女性が男性に求める「望ましい容姿」も、権力や金力と結びついていると思う。つまり、白人種が世界の支配層であるから、彼女たちは白人種的容姿を男に望むのだろう。




(以下引用)


アル・クーパーらがスウェーデンで行った「性的オンライン活動についてのアンケート」によると、主な活動として「エロ画像・動画を見る」と回答した割合は、男性は37%で最も人気だったのに対し、女性は6%にすぎなかった*3。女性に人気なのは「恋人やセフレと連絡を取る (21%)」*4「同じ性的嗜好の人達とチャットする (17%)」*5である。

そこでオーガスとガダムは「エロ文章を読む (9%)」*6に目をつけた。二人は1,878人の作家による10,344作品のロマンス小説の全文を抽出し、ヒーローの体がどのように描写されているか調査した。ヒーローのパーツを表す頻出語トップ7は以下となった。

  • ほお骨
  • あご
  • ひたい
  • ウエスト
  • ヒップ

また、同じ調査でヒーローのルックスを表す形容詞の頻出語トップ7は以下となった。

  • 引き締まった
  • 美男子の
  • 金髪の
  • 日焼けした
  • 筋肉質の
  • 男らしい
  • 端正な

以上を見てわかるように「尻 (ヒップ)」こそあるが、「股間」に注目するワードは無い。また「大きな」「立派な」といった形容詞もトップからは外れているのである。したがってアンチ巨乳派がよく持ち出すような「股間を強調した巨根のキャラ」は女性における需要が少ないのである*7

女性が性的に消費しがちな男性の身体的特徴は以上だが、「外見」という観点では抜けている要素がある。それは男性の立場を示すものだ。

18禁のハローワーク

女性に人気の職業とはなんだろうか。正確に言えば「女性が性的に消費する人気の職」のことである。ここでもまたロマンス小説が役に立つ。

アンソニー・コックスマリアンヌ・フィッシャーは1949年から2009年までのロマンス小説、計15,019作の作品名を分析した*8。この調査結果の中に、頻出する職業トップ20がある。これから男性の職業を抜き出したトップ10が以下だ。

職業頻度
医師 388
カウボーイ 314
ボス 142
王子 122
牧場主 79
騎士 77
外科医 77
55
ボディーガード 41
保安官 40

「カウボーイ」や「牧場主」「保安官」あたりはいかにもアメリカらしい。以降には「兵士」「弁護士」「海賊」と続く。

この結果について著者らは、「資産」「たくましさ」が求められていると分析している。また、「ボディーガード」や「保安官」「弁護士」などは庇護のイメージから「たくましさ」に通じるのではないかと考えている。

したがって女性向けの性的なキャラを作るのならば、ただのイケメンではなく、「金持ち」*9「強者」の印象を与えるようなデザインであることが望ましい。








PR

美しい身体は商業用に選別されたもの

美しさというのは伝統と主観の融合であり、伝統で刷り込みされた美から外れた現実を見るとショックを受ける。ヌードモデルの女体の醜さは、よく漫画のネタになる。もちろん、男の裸も同様。特に、勃起したあれなど、(特にゴムなど付けたそれは)間抜けそのものである。
男でも女でも老人の身体を美しいと思う人間はいない。醜い身体は見せるべからず。
ただし、美術の場合は意図的に醜いものを描いたりするのが現代美術。


さんがリツイート

RT  昔、これのものすごくわかりやすい例を、モデルさんから聞いたことがある。デザイン専門学校のヌードクロッキーの時間に、何人もの生徒が気分が悪くなって退室。目の前のモデルを見ようとせず、頭の中に出来上がっている裸の女の子の絵を描いていたり。現実は複雑で把握不可能だから「恐ろしい」。












汚くはないが子供の前に出すものではないだろう

ならば、公園や学校でも、大勢の人が見ている前でセックスしろ、と言えば極論になるか?




原初の頃から大体の人間がせっせと行ってる行為を「汚い」「恥ずかしい」とかの言葉で子供に教える、あるいはそう言う目で見るものじゃない、と思って描いてます。ハイ。
















当事者と外野

私も他者批判の多い人間だが、「批判するのは、当事者の内情を知らない人間」である可能性には注意したい。(もちろん、内情云々とは別に目に余る行為は批判すべきであると思っている。日本人はむしろ批判精神や批判行動が少なすぎるし、SNSでだけ目立つのである。それは、表立っての批判が許されない社会であることの裏返しだ。)

「泣くのは何もしてこなかった人だ」という言葉は痛烈だ。




さんがリツイート

本日認知症の祖母を施設に入所させた。私と父は後悔や悲しみで涙が出る思いだったが、ずっと祖母の面倒を見てきた母は「泣くのは何もしてこなかった人だ。入所は認知症が急激に進んだおばあちゃんに安全に生活してもらうため最終的に判断したこと。私は精一杯介護してきたから後悔はない」と言った。












お金の香りのする女

この男性は素晴らしい見識と判断力を持っていると思う。結婚というのは、その人と暮らして楽しいかどうか、特に精神的なメリットがあるかどうかで判断するものであって、顔やカネは二の次である。その女性も美人で年収一千万あるなら、一生独身で生きるのがベターだろう。まあ、男が欲しければジゴロでもツバメでも持つか、ホスト買いでもすればいいだけだ。「金と努力」の女性が下手に結婚したら不自由だらけで男に不満を持ち、殺伐とした家になる。まあ、「性格もいい」と書いてあるが、「お金の香りがする」女なら、初対面の相手に猫を被っている可能性が高いだろう。



さんがリツイート

先日年収1000万超えの美人な友人を知り合いの独身男性に紹介したのですが、まさかの男性側から「綺麗で性格もいいけれど、全てにおいてお金と努力の塊の香りがする」と断られました…

私は友人になんて説明すればいいんや…